投稿日:

農地は転用できるものとできないものがある!その違いとは?

こんにちは!静岡県浜松市を拠点に、解体工事や造成工事などを請け負っております株式会社エコネクストです。
このコラムを読んでいる方の中には「畑を潰して家を建てたい」「畑を駐車場にしたい」など、自分の農地の転用を考えている方もいらっしゃるでしょう。
農地転用には、都道府県からの許可が必要なケースもありますが、実は農地によって許可できる場合とできない場合があるのをご存じでしょうか?
今回は、農地転用できるものとできないものの違いについて解説していきます。
ぜひこの記事を参考に、自分の所有している農地が該当するか確認してみてください!

転用できる農地

第2種農地

第2種農地とは、未整備で生産力が低い農地や市街地化が見込まれる農地のことを指します。
第2種農地を転用する場合は代替性が審査されます。
もし他に所有している農地を転用しても問題ないと判断されれば、その農地転用は認められません。
そのため第2種農地を転用するには、その農地を転用しなければならない理由を明確に伝える必要があります。

第3種農地

第3種農地とは、市街化区域内の駅や公共施設などから300m以内にある農地のことを指します。
第2種農地のように代替性の審査はないため、基本的に農地転用は認められやすいです。

転用できない農地

農用地区域内農地

農用地区域内農地とは、特に高い生産力があることから農業以外の用途に変えることを法律で厳しく制限している農地のことです。
転用するためには、農業振興地域からの除外申請をする必要があります。

甲種農地

甲種農地とは、8年以内に市街化調整区域内の土地改良が行われた農地のことです。
原則として、農地転用の許可を得ることはできません。
ただし、農業用の施設など転用後の用途によっては認められることもあります。

第1種農地

第1種農地とは、10ha以上の集団的な農地で土地改良などを行った農地のことです。
甲種農地と同様、原則として農地転用の許可を得ることはできませんが、転用後の用途によっては認められることもあります。

造成業者・解体業者をお探しの方へ


弊社では、造成工事や解体工事など幅広い施工を手掛けております。
農地転用に関するご相談も承っておりますので、何かお困りのことがございましたらぜひ弊社までご連絡ください。
プロの技術とノウハウを駆使し、お客様のご要望に沿ったご提案をいたします。
浜松市をはじめ各地からのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

静岡県浜松市の解体工事・家屋解体は株式会社エコネクスト
現在、重機オペレーター・解体に関わる現場スタッフを求人中!
【本社】
〒430-0851  静岡県浜松市中区向宿2-22-15
【資材置場】
〒430-0831  静岡県浜松市南区御給町263
TEL:053-443-8459
FAX:053-544-5267
※営業電話お断り

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【Q&A】お客さま必見!お寄せいただいたご質問にお答えします!

【Q&A】お客さま必見!お寄せいただいた…

こんにちは!株式会社エコネクストです。 弊社は静岡県浜松市に拠点を置き、解体工事業者として鉄筋コンク …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社エコネクストでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にご依頼主さまにご満足いた …

木造解体など、各種解体工事は弊社にお任せください!

木造解体など、各種解体工事は弊社にお任せ…

こんにちは!株式会社エコネクストです。 静岡県浜松市に拠点を置いて、解体工事業者として鉄筋コンクリー …

お問い合わせ 採用情報